資料請求・なるたき便り お問い合わせ
新・鳴滝塾
長崎県と研修病院による~医学生&研修医サポートプロジェクト~
トップ 新・鳴滝塾とは ごあいさつ 沿革 見学旅費サポート 研修病院紹介 医学生の皆様へ 病院見学レポート
トップ

>>研修病院からの最新レター

>>日本赤十字社 長崎原爆病院

>>「赤十字と災害救護」


後期研修のための病院見学エントリーはコチラから
長崎の研修病院を見学してレポートを書いてみませんか?詳しくはこちらから!
医学生による病院見学レポート
見学旅費サポートシステム
初期研修トライアングルコース
医学生による病院見学レポート
指導医講習会
指導医の声
フォトストーリー
最新レター
海外研修レポート
広報
最新レター
ながさき地域医療人材支援センター分室
長崎観光/旅行ポータルサイト ながさき旅ネット
 
あじさいプロジェクト


「赤十字と災害救護」
2011.5.11

当院は、日本赤十字社長崎原爆病院として、被爆者医療と赤十字病院としての社会的使命という 2つの大きな役割をもっております。
当院の特色の一つとして、赤十字の使命である災害救護について、 東日本大震災における救護活動を簡単に紹介します。

まずはじめに、被災した方々へ心よりお見舞い 申し上げるとともに、亡くなられた方々へのご冥福をお祈り申し上げます。

当院を含めた赤十字施設の職員は各種研修訓練等を通して平時より災害救護に備えており、このたびの震災では、当院から5/11現在で医療救護班7個班42名、延日数62日にわたり派遣しております。
当該日 現在も救護班1班6名を宮城県石巻市に派遣中です。
日本赤十字社全体として被災地各県に派遣した医療 救護班は733個班、取扱患者数は6万名以上にもなっております。
このように日本赤十字社は、災害救護 にあたり全国的に組織的に行動できる唯一の機関です。すでに発災より2ヶ月経過しており、現地における 救護活動も、刻々と変化しております。

参考までに掲載している写真は第1班(3/14~19)の活動写真 です。
当院では被災者救援の為、これからも引き続き救護要員の派遣を行っていきます。


災害現場へ自院救急車にて移動


宿泊は持参テントて雑魚寝


避難所の巡回診療風景


新・鳴滝塾事務局 〒852-8501長崎市坂本1丁目7-1 Tel.095-865-8351
Copyright (C) 2011 SHIN NARUTAKIJYUKU. All Rights Reserved.