資料請求・なるたき便り お問い合わせ
新・鳴滝塾
長崎県と研修病院による~医学生&研修医サポートプロジェクト~
トップ 新・鳴滝塾とは ごあいさつ 見学旅費サポート 研修病院紹介 医学生の皆様へ 研修医の皆様へ 病院見学レポート
トップ

>>ごあいさつ


後期研修のための病院見学エントリーはコチラから
長崎の研修病院を見学してレポートを書いてみませんか?詳しくはこちらから!
医学生による病院見学レポート
見学旅費サポートシステム
初期研修トライアングルコース
医学生による病院見学レポート
指導医講習会
指導医の声
フォトストーリー
最新レター
海外研修レポート
広報
最新レター
ながさき地域医療人材支援センター分室
長崎観光/旅行ポータルサイト ながさき旅ネット


ごあいさつ

新・鳴滝塾長挨拶

長崎は西洋医学の発祥の地であり、幕末から明治にかけて多く夢を持った若者が集う街でありました。

鳴滝塾(なるたきじゅく)は、1824年(文政7年)、シーボルトが長崎郊外に設けた私塾でありましたが、診療所も兼ねていました。シーボルトは、ここで日本の若者に西洋医学や自然科学などの幅広い分野を教授しました。その後、ポンぺが1857年(安政4年)に医学伝習所を開設し、これが長崎大学医学部の前身となりました。

長い医学、及び医学教育の歴史のある長崎は、今大きく変わろうとしつつあります。その一つが、この「新・鳴滝塾」。長崎県の全ての教育病院がスクラムを組み、若手医師を育てようとするプロジェクトです。

長崎大学や基幹病院の高度先端医療教育から地域・離島におけるプライマリーケア教育に至る幅広い分野において多様な教育の機会を構築する取り組みです。学ぶ人のニーズに応えるカリキュラムが長崎に用意されています。ぜひ、長崎であなたのキャリアを発展させて下さい。


長崎県医師臨床研修協議会
(新・鳴滝塾)会長 増﨑英明


長崎県からのご挨拶

近年、医師不足が全国的な課題となっていますが、現在の研修制度の開始により、研修医が自由に研修先を選択することが可能となったため、大都市部に研修医が集中したことが、地方の医師が不足する一因になったといわれています。

本県においても医師の地域や診療科の偏在が課題となっており、その解決のため、平成22年度において新たに「新・鳴滝塾構想推進事業」により、研修医の確保や医師のキャリア形成支援及び女性医師、看護師等の離職防止・復職支援の強化に取り組むこととし、今年7月9日にその推進組織として、県内の基幹型臨床研修病院と県による「長崎県医師臨床研修協議会(新・鳴滝塾)」の設立を承認いただきました。

「新・鳴滝塾」では、研修医にとって魅力的な研修プログラムを検討するほか、県と病院が一体となった医師募集の合同説明会や県外での募集活動を実施するなど、臨床研修医や若手医師の確保対策などに取り組んでいきます。そして将来的には、長崎、県央、県北の三地区それぞれに、医師・看護師等医療従事者の教育・研修や、キャリア形成のための支援を行う地域医療研修センター(仮称)の設置を目指しています。 鎖国時代に唯一、海外に開かれた港であった長崎は、西洋医学発祥の地といわれ、日本最古の医学部である長崎大学医学部には、150年にわたり数多くの医師を輩出してきた医学教育の伝統があります。

出島のオランダ商館医師として活躍したシーボルトが医師を育てるために設けた私塾「鳴滝塾」のように、この新・鳴滝塾が、全国から多くの若い優秀な医師の集まるにぎわいの場となり、将来の長崎の医療を支える礎となれば幸いです。


新・鳴滝塾事務局 〒852-8501長崎市坂本1丁目7-1 Tel.095-865-8351
Copyright (C) 2011 SHIN NARUTAKIJYUKU. All Rights Reserved.